ミラートレーダー(シストレ24)で自動売買システムトレード

kukakuです。トレーデンシー社のミラートレーダー(シストレ24、セントラルミラートレーダー等)でのFX本番取引売買結果の記録ブログです。 本番取引を通して、スプレッド比較等の検証、攻略をしていきます。公式サイトではできない、非公式サイトならではの切り口で、セントラル短資FXやインヴァスト証券(シストレ24)といった業者の口コミ評判や評価にも触れていきます。
ミラートレーダーを始めるなら、まずはセントラルミラートレーダーから!
私が現在、実際の取引で利用しているFX業者は、セントラル短資FXです。
セントラル短資FXは、最低取引数量5000通貨で、1000通貨単位での小刻みな設定ができるため、ポートフォリオを組みやすく、現状では、ここで取引をしない手はなさそうです。

信頼と実績の高さはもちろんのこと、実際の取引環境で重要となるスプレッドについては、原則固定であるにもかかわらず、その狭さでは国内最狭水準となっています。
原則固定スプレッドということで、例えば、週末のクローズ直前のような市場の薄い時間帯でも原則固定されており、24時間、いつでも売買シグナルが発生するミラートレーダーにおいては、これはかなり有利に働く重要なポイントです。

ミラートレーダーは、選んだストラテジーが同じであれば、初心者でも熟練者でも同じように売買シグナルが発生し、同じような損益を得られるのが魅力ですから、あとは、スプレッドの狭い業者を利用することに注意を払えばいいと思います。

セントラルミラートレーダーの取引概要や、キャッシュバックキャンペーンの詳細事項については、下のバナーからセントラル短資FXの公式サイトをご訪問いただき、ご確認ください。
  セントラルミラートレーダー
実際に利用している私が、自信を持っておすすめします。
全ての投資家に自信を持ってお勧めします。
現在、限定タイアップキャンペーンにより、これからループイフダンを始める方に最適なオリジナルレポートのプレゼント実施中です。
このブログでも紹介しているループイフダンの公式ガイドブック的な書籍の編著者である私が書き下ろした、このキャンペーン特典でしか手に入らない完全なオリジナルレポートです。

ミラートレーダーと同様の、ストラテジー(売買戦略)選択型の自動売買システムトレードであるアイネット証券のシストレi-NETですが、そこに登録されている売買システム(売買戦略)の一つが「ループイフダン」です。

私も平成26年10月に本番取引を開始しましたが、当初1年間の運用成績が約21,000pipsのプラスという非常に大きな利益となりました。

ループイフダンは、設定された値幅ごとに新規と決済の取引を繰り返していく戦略であり、売買戦略としては非常に単純明快です。
アイネット証券のループイフダンは、取引手数料は無料ですし、スプレッドも相対的に狭くなっているため、長く取引を続けていくほど、利益差が有利になっていきます。

ループイフダンも、ミラートレーダーと同じく、FX取引の経験の有無を問いませんので、初心者から玄人まで、誰でも手軽に効率的なシステムトレード運用を可能にした取引ツールだと言えます。

  シストレiNET
現在、限定タイアップキャンペーンにより、これからループイフダンを始める方に最適なオリジナルレポートのプレゼント実施中です。
このブログでも紹介しているループイフダンの公式ガイドブック的な書籍の編著者である私が書き下ろした、このキャンペーン特典でしか手に入らない完全なオリジナルレポートです。

FX取引の経験が浅い方でも、このオリジナルレポートをご覧いただければ、迷わず運用を始められることと思いますし、完全自動売買とはいえ、このレポートに記載している事項だけは理解しておいていただきたい内容となっています。
(バナー内のサイト名が異なりますが、この上のバナー等、ブログ内にあるバナーから新規口座開設をしていただければ、レポートプレゼントの対象となりますのでご安心ください。)

セントラルミラートレーダー シストレ24 新たなストラテジーが多数、追加されています。

セントラルミラートレーダーのニュースとして、ストラテジー追加のお知らせがありました。
既に追加されていますので、今すぐにでも利用することが可能です。

追加されたストラテジー名は、次のとおりです。
HF-Barsap_3
HF-Galilee_21
Caoforex
EURGBP1688
Fxvc
HotSpot
3HaodeTrade
JUNfx168
JUNfx189
以上の9種類ですが、複数の通貨ペアで登録されているものもありますので、ストラテジーの数としてはもっと多く増えています。

いずれも、取引期間がまだ短すぎて、すぐに利用するのはちょっと危険な感じはしますが、損益曲線としては、きれいな右肩上がりを描いているものも多くありました。

今後の実際の取引状況に注目しつつ、安定しているストラテジーについては、機会が合えば利用したいと思っています。

なお、今回追加されたストラテジーのプロバイダーは、全てトレーデンシー社ですから、通貨ペアの取り扱いがあれば、インヴァスト証券のシストレ24でも利用することができます。

ミラートレーダーでは、このようなストラテジーの追加がよく行われます。
その際には、厳しい審査が行われており、登録されるストラテジーは基本的には成績が優秀なものです。
つねに、ストラテジーの監視が行われているのは、利用者にとっては安心感が増します。


現在、私が実際のミラートレーダー運用で利用している業者は、セントラル短資FXです。
最低取引数量5000通貨で1000通貨単位での小刻みな設定ができるため、ポートフォリオが組みやすくなっています。

セントラル短資FXは、原則固定で業界最狭水準のスプレッドが大きな魅力です。
  セントラルミラートレーダー


  インヴァスト証券

[ 2016/04/12 22:59 ] システム、個別ストラテジー関連 | TB(-) | CM(-)

セントラルミラートレーダー 今週から、ヘンジファンドストラテジを始め、多数のストラテジが新規追加されています。

セントラル短資FXのセントラルミラートレーダーでは、今週から、多くの新しいストラテジが追加されています。

まずは、ヘッジファンドストラテジです。
ヘッジファンドとは、富裕層や機関投資家を顧客に数百億円規模で資産運用をしている金融集団です。
そんなヘッジファンドが生み出したストラテジが、セントラルミラートレーダーに追加されたことによって、これまでは縁のなかった個人投資家でも簡単にヘッジファンドの戦略によるシステムトレードができるようになったわけです。
導入されるストラテジ数は、65種類にも及びます。
ただ、ヘッジファンドらしく、最低取引数量が、通常の5000通貨単位ではありませんので、各ストラテジの設定を確認する必要があります。(公式サイト上のニュースリリースページ内に、今回のストラテジ一覧がPDFファイルで掲示されており、そこに最低取引数量の記載があります。)
大半が、10000通貨単位ですが、中には35000通貨というものもあります。

次に、ゴゴジャン社から、1種類のストラテジが追加されています。
Beatrice RSI02_

最後に、トレーデンシー社から、7種類のストラテジが追加されています。
TradeWall
BaoFeng
Easy Swing
Easy Wave
feng123
ProfitsTop
Higher High

それぞれ、戦略も成績も異なりますので、詳細は、取引画面上にて確認をお願いします。

セントラルミラートレーダーは、スプレッド等の取引環境が良いだけでなく、新規ストラテジの追加といった重要な点でも怠りがなく、本当にオススメできるFX業者です。
純国内業者という安心感はもとより、インターバンク市場で100年以上の実績を持つセントラル短資グループの一員という信頼度の高さも、相対取引のFXでは、重要な選択要因となります。


現在、私が実際のミラートレーダー運用で利用している業者は、セントラル短資FXです。
最低取引数量5000通貨で1000通貨単位での小刻みな設定ができるため、ポートフォリオが組みやすくなっています。

セントラル短資FXは、原則固定で業界最狭水準のスプレッドが大きな魅力です。
  セントラルミラートレーダー


  インヴァスト証券

[ 2015/10/26 15:31 ] システム、個別ストラテジー関連 | TB(-) | CM(-)
限定タイアップ中です!
 下のバナー内や、バナーからのリンク先ページにおいて、サイト名が「ループイフダンでFX自動売買システムトレード」となっていますが、このブログ内のバナーからでも、間違いなくタイアップキャンペーンの対象となりますので、ご安心ください。


シストレiNET
私も編著者として参加しています!

ループイフダン活用法が満載された書籍(山中康司氏監修)が発売されました。

その中で、私も編著者として参加し、私の投資戦略について詳細に説明しています。
ループイフダンを、これから始める方はもちろん、現在活用中の方にもぜひ読んでいただきたい一冊に仕上がっています。
プロフィール

kukaku

Author:kukaku

時間と労力を掛けずに取引を行うべく、完全自動売買のミラートレーダー(シストレ24)を活用しています。
サイトマップ
過去記事の閲覧は、こちらから。

全ての記事を表示する

ミラートレーダー
現在の私の運用方針
下の記事にてご確認ください。
過去記事等からのリンクで移動された方は、必ずこちらの記事にてご確認ください。
カテゴリ「運用方針」内の最新記事も、あわせてご参照ください。

なお、最大ポジション数、リミット、ストップ等の設定は一切いたしません。
これらの設定は、リスク管理の点で有効であると思いますが、ストラテジー本来の成績を実現することができなくなるため、私は利用しません。
にほんブログ村に参加中!
 にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ